ホーム > 大学の近況 > 新着情報 > 2012年度春の大学の風景

2012年度春の大学の風景

平成24年4月から2号館第二整備計画が竣工し、2号館周辺の景観がとてもきれいに

なりました。

春のサークル生勧誘時期のキャンパスの風景をご覧ください。

DSC00026.JPG

北門の楠風広場です。形の良い北門の楠の木は今年も新緑が学生たちを迎えています。

DSC00031.JPG

美術館の中庭です。芸術学部15号館と17号館の連結部分が美術館で、シンボルの一つ円形校舎も見えます。

DSC00033.JPG

中央会館前の中庭です。上の写真では人影に隠れて見えませんが、今では滅多に見ることができなくなった丸い郵便ポストも健在です。

DSC00046.JPG

8号館(工学部)西口から2号館(国際文化学部)、図書館方向を見渡した中庭の風景です。

DSC00057.JPG

8号館と2号館の通路から中央会館、芸術学部方向の風景です。

DSC00063.JPG

2号館から1号館方向の斜面は、スタジアムのような階段状の芝生広場になりました。

DSC00071.JPG

天気が良い日の昼休みは、階段状の芝生に多くの学生が座って会話を楽しんでいます。

DSC00085.JPG

8号館、12号館(情報科学部)方向の2号館中庭の風景です。香椎祭の頃は多くのイベントがこの広場で開催されるのではないでしょうか

DSC00093.JPG

最後に、人工芝グラウンドから見た2号館、8号館、12号館の風景です。