ホーム > 大学の近況 > 新着情報 > TOKYO DESIGNERS WEEK 2012で3賞を受賞!

TOKYO DESIGNERS WEEK 2012で3賞を受賞!

 平成24年10月30日(火)から11月5日(月)までの7日間、明治神宮外苑絵画館前の広場をメイン会場に開催された、東京デザイナーズウィーク2012の学校作品展において、本学、九州産業大学は、デザイン学科プロジェクトとして1年生から3年生まで総勢20名で参加、「学校賞」、「作品賞」、「プレゼンテーションアワード」の3部門の全てにおいて、セミグランプリを受賞しました。
 東京デザイナーズウィーク2012の学校作品展の今年のテーマは「HOUSE」or「PLAY」でしたが、本学は「PLAY」で出展しました。
 屋外の展示ブースに作品名「おととき」という巨大な楽器を展示。これは木琴をイメージした5角形の外観の内側に、様々な音の出る装置を取り付け、内と外とで自由に身体を動かし、音を出して楽しんでもらおうという来場者参加型の作品でした。よちよち歩きの幼児から、学生、年配の方まで幅広い年齢層の共感をよび、楽しんでもらうことができました。
 また、会場内で行われたワークショップの、「世界に一つだけのミニチュア楽器を作ろう!」という本学のコーナーにも多くの人が参加し、完成したミニ楽器による演奏会で大いに盛り上がりました。

 

九州産業.jpg

授賞式の模様です。

受賞式.jpg

横から見た作品の夜景です。

夜景.jpg