会長挨拶

[ 2020年06月17日更新 ]
kaicho2.jpg
九州産業大学同窓会楠風会
会長  吉山 齊一

 風薫る季節となりました。会員の皆様には、益々ご活躍のこととお慶び申し上げます。
 令和2年の会報を発行するにあたり一言ご挨拶申し上げます。

 母校九州産業大学では、今年度卒業された2,313人の新会員が誕生いたしました。これにより楠風会は、会員総数127,612人の西日本有数の規模を誇る同窓会組織になりましたことをご報告します。

 同窓会楠風会では、2019年度通常総会で承認された事業計画に基づき、各種事業を実施してまいりました。全ての事業計画が滞りなく遂行できましたことは、会員の皆様のご支援・ご協力の賜であり、心より厚く御礼申し上げます。

 さて、当同窓会楠風会理事会では、このたびの新型コロナウイルス感染症の終息の見通しが立たない状況では、6月6日開催を予定しておりました通常総会を万全の体制で開催することは難しいと考え、残念ではございますが、書面議決でお願いして、会員交流懇親会は中止するという苦渋の決断をいたしました。今後ともより一層楠風会を健全な存在としてその価値を高め、発展させるよう、心を尽くして努力してまいります。

 会員の皆様におかれましては倍旧のご支援・ご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 会員の皆様の更なるご活躍とご健康を心からお祈りしご挨拶といたします。